【滝行】東京都檜原村にある天光寺で体験修行をしてきたおはなし(中編)

こちらの記事は続編です。前編はこちらからどうぞ!

関連記事

みなさん滝行はしたことありますか?ありませんよね(笑)当時24歳の私は仕事のストレスで心が疲れ切っていました。その時に何故か思いついたのが滝行!7月上旬の初夏に行ってきました。色々貴重な体験をさせてもらったので体験記[…]

修行開始

まずは着替えから。

どどん!!( ̄▽ ̄)

お寺の中では基本このスタイルです!数珠もお借りしました!!

下は適当に動きやすいジャージを履く。(ネックレス外せよw)

もう後戻りはできない、と覚悟を決めた瞬間でした(笑)

さて1日目のスケジュールは

 1日目

  1. 挨拶の作法
  2. 写経
  3. 昼食
  4. 読経
  5. 夕食、入浴
  6. 住職の法話

ということで、今日から参加のメンバーだけで挨拶の作法から始まります。

挨拶の作法

まずはご本尊の前でお坊さんが見本を見せてくれます。

「こちらで行をさせていただいております○○でございます。よろしくお願いいたします。」(振り付けあり)

声デカッ!!( ̄◇ ̄;)しかも振り付きかぁ〜!

正しくは振り付けではなく三禮と呼ばれる礼拝のこと。少し紹介します。

 三禮(さんらい)

五体投地と呼ばれ、両手・両膝・額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝すること。仏教において最も丁寧な礼拝。真言である「おん さらば たたぎゃた はなまんな のうきゃろみ」と唱えながら行う。

といことで先ほどバスで一緒だった若めのお兄ちゃんから。

…こちらで行をさせていただいております○○でございます。よろしくお願いいたします。(モゴモゴ)
声が小さいです、やり直してください。
声が小さくて2回くらいやり直しさせられていました(笑)
これ本気でやらないとダメなやつだ( ˙-˙ )
やり直しなんて恥ずかしいぃ…と思ったので、私は腹の底から声を出して三禮も全力でやり切りました!
一発OKでした。できる女です(笑)
初っ端から修行の洗礼を受けたのでしたw

写経

そしてここから日帰り組と宿泊組に分かれます。日帰り組は早速滝行です。

私はというと、すでにお寺で修行中の人達と一緒に写経をすることに。

修行中の人ってどんな人達なんだろうとドキドキしていたら…

あれ、意外とキッズ達が多い!

小学生とか中学生とか。どんな理由でこの天光寺に来ているのかは謎だけど、大人の人もチラホラと。人数にして10人いかないくらいかな。

用意されたのは机と写経グッズ。写経用の紙とその見本、小筆にすずりと墨

墨汁なんてくれませんw墨から磨って精神統一ですよw

そしてもちろん正座。

夏の昼間っから正座して墨磨って、なんだか非日常で面白いな〜とか思いながら謎の充実感。

写経とかコツコツやるの好きなんですよね。

できたのがこちら!!(・∀・)

最後には願い事を書きます。私が書いたのは

「他人を許し認められる人間になる」

はい、今でもできてない時ばかりですよw

でも我ながら良いこと書いてある。

昼食

お昼は楽しみにしていた精進料理!(煩悩の塊w)

 精進料理とは 

仏教の戒に基づき殺生や煩悩への刺激を避けることを主眼として調理された料理。野菜や豆、穀類を調理する仏教では殺生が禁じられているため、肉はなし。

ここ天光寺では毎日お坊さんが精進料理を作ってくださっています。

食事の前には「食前の言葉」を唱えます。

一滴の水にも 天地の恵みあり
一粒の米にも 萬人の労を納む
願わくはこの飯食 己が身を調え
精進の志願を 満足なさしめ給え
いただきます

いい言葉だな〜。食事は残さず食べようって改めて思いました。

そして精進料理は

質素で美味しい!!(*´꒳`*)

いつもジャンキーな食べ物ばかり食べていたので、優しいお料理が体に染み渡ります。

ご飯とお味噌汁はおかわりOK!

そして食事中、「お坊さんって焼肉とかピザとか食べたくならないのかなぁ?w」と疑問を持ちました。(煩悩の塊w)

お坊さんってクリスマスとかに焼肉とかピザとか食べないんですか?(=´∀`)
そうですね、基本的には食べません。それにクリスマスというイベントは仏教にはないので…。
そうだよね、クリスマスないよねw
基本的にはってことは修行OFFの時とかは食べちゃうのかなー!とか思いながら、これ以上恥を晒せないと思い自重しました(笑)

ある少年との出会い

ここである少年の存在に気付きました。

周りのキッズと比べ少し年上の少年…高校生くらいだろうか?

コミュ力抜群のめぐみは躊躇なく話しかけます。

君、いくつ?なんでここにいるの?(逆ナンw)
15!実は色々あってさ…。
色々聞き出したがまとめるとこんな感じ。
  • 八王子在住
  • 勉強もせず不良仲間と遊ぶ日々を続けていたら、ある日急に親に車に乗れと言われた
  • 嫌々車に乗ったら着いた場所が天光寺だった
  • 強制的に車から降ろされお坊さんに引き渡された
  • 携帯とたばこを没収された
  • 修行5日目、いつ親が迎えに来るかは不明

笑っていいのかわからないけど、一応笑っておきましたw

話すと素直でいい子だし歳も近い方なので、天光寺のことを色々教えてもらいました。

読経

昼食が終わると読経の時間。

読経したことがないので大丈夫かなと思っていたけれど、光明真言が書かれた紙を貰いました。

おん あぼきゃ べいろしゃのう
まかぼだら まにはんどま
じんばら はらばりたや うん

なるほど、これくらいだったら大丈夫。と思った瞬間。

それでは読経です。1,000回唱えますので大体3時間くらいです、では始めます。

ちょw1,000回www3時間www

休憩?給水?そんなものはありませんよ。

どうやってカウントするんだろうと思っているとお坊さんの手元には驚きのものが。

玉が1,000個連なっている長ーーーい数珠がとぐろを巻いているではないかw

1回のお経ごとにその数珠の玉が左から右へと移っていく。

1,000回が無限大数に感じました(笑)

姿勢は胡座か正座。もちろん5分も経たないうちに足が痺れてくる。

何度組み替えたことか。何度寝落ちしそうになったことか。

眠たくなったら全力でお経唱えてみたり、こっそり2〜3回休んでみたり、お坊さんの目を盗んでうとうとしてみたりw

とにかくお坊さんの手元の数珠は見ないようにしてひたすらお経を唱えること3時間…(かなりチラチラ見ていたけどw)

やっと終わった!!( ;∀;)(煩悩の塊w)

これは人生のうちTOP3に入るくらい辛かった私の伝説の思い出ですw

でもとっても良い経験でした。(割と本気で死ぬかと思ったw)

夕食と入浴

早めの夕食(精進料理)をとり、入浴の時間。

大浴場で1日の疲れを癒そうと脱衣所に向かっているとバスタオルを忘れて困っている親子がいました。

私は念の為バスタオルを多めに持って行っていたので1枚貸すことにしました。

それが何故か凄く感謝をされて。

これは次の日の話になりますが、バスタオルのお礼にと扇子をいただきました。

ほんの気持ちが形になって返ってきたのが嬉しくて今でもその扇子は大切にしています。(ほっこりエピソードw)

住職の法話

就寝時間までは本堂で住職の法話(テレビ)を聞くように促されました。

しっかり見るというよりもちょっとした自由時間という感じ。

あータバコ吸いたい(´⊙ω⊙`)www(煩悩の塊w)

羨ましそうな少年を横目にこっそり抜けて吸いに行ったら、後でお坊さんにちょっと怒られました(笑)ちゃんと法話見てください!と。すみませんでした。。

※私は成人しているのでタバコは没収されていません。当時は喫煙者でした。

そして就寝は女性専用部屋に入りみんなでお布団を敷いて就寝!

速攻で寝落ち。

次回、修行2日目いよいよ滝行へ!

初めてのことばかりの刺激的で非日常な1日。

スマホも見る時間もタバコを吸う時間もなかったせいか、頭の中がスッキリ!

煩悩の塊だったけど何かに集中できる時間ってとてもいいですね。

次回はいよいよ滝行です!

関連記事

こちらの記事は続編です。前編・中編はこちらからどうぞ![sitecard subtitle=関連記事 url=https://meguminblog.com/takigyou][sitecard subtitle=関連記事 […]