【妊娠記録5】性別が判明!初めての胎動、安静解除と妊娠中期の転院のおはなし

妊娠17週目に切迫流産の診断を受け、自宅安静の生活となりました。

初めての胎動を感じた時のこと、その後安静解除となり引越しにより産院を転院した時のこと、妊娠中期の生活について綴っていきます。

初めての胎動

初めての胎動を感じたのは妊娠16週目の半ばでした。

なんとなくお腹がポコッと動く気がするけれど、腸の動きと判別かつかず「これが胎動だ」と確信を持てずにいました。

妊娠初期の頃に母親学級に参加した際に助産師さんから聞いた話ですと、妊婦が胎動を確信するまで大体1〜2週間かかるということでした。

やはり腸の動きと判別がつかないことが多いそうです。

私は疑惑が確信に変わるまではそう長くはありませんでした。

丁度17週0日のことでした。

お腹の同じ場所がポコポコする感じがしたため、その部分に手を当てて集中してみたところ、内側から「モコッ!」と押し上げられる感覚がありました。

そしてその部分をポンポンと叩いてみたら、また「モコッ!」としました。

「これが胎動だ!!」と確信して、とても愛おしい気持ちになりました。お腹の中に赤ちゃんがいることにようやく現実味を帯びてきた感じがしました。

それから間も無く「ウニョ〜ッ」とした胎動も感じ始め、18週0日にはしゃっくりの胎動を感じることもできました。

初産なので胎動を感じるのはもう少し後かな?と思っていましたが、思いの外早く感じることができました。

ちなみにヨガで腹筋を鍛えていたのでお腹の贅肉は少ない方でした。関係あるのかわからないけれど。

性別が判明

17週0日で性別が判明しました。

妊婦健診では性別がわかった時点で教えてもらう希望を出していました。

エコーを見ていた際、先生に「性別わかるけど、知りたい?」と聞かれたので、ドキドキしながら聞きました。

性別は男の子!お股の間にシンボルが見えていました♪(笑)

性別がわかり更に愛おしさを感じました。(性別の希望はありませんでした。)

男の子は比較的早い週数でわかるというのは本当でした。

自宅安静が解除になる

切迫流産といってもほぼ無症状で、毎日張り止めの薬ウテメリンを服用し横になって安静にしている生活を続けていました。

外出できないため家族や友人が家にお見舞いに来てくれることがとても楽しみでした。

そして17週目(妊娠5ヶ月)から始まった約2ヶ月の自宅安静は、26週(妊娠7ヶ月)に解除されることになりました。

以前赤ちゃんが下がっていて(子宮の下の方に赤ちゃんがいる)、更にお腹に張りがあると診断を受け、切迫流産となりましたがそれが改善されたようでした。

子宮頸管長も36mmあり問題ないとのこと。(産院にもよりますが子宮頸管長が25mmをきると入院になるようです。)

はっきり言って無症状なので自分には改善されたかどうかの判断はつきませんでしたが、ひとまず安心することができました。

産前に引越しを決意

当時、私は都内の1DK(37平米)に住んでいました。

夫婦ともに荷物が少なくウォークインクローゼットもある物件でしたので夫婦2人で住むことに何の支障もなく、この家で子育てをしようと考えていました。

けれど子持ちの友人に話を聞くと、とにかく赤ちゃんが生まれると荷物が増えるということでした。

また赤ちゃんの夜泣き対応で寝室を夫婦別にした方が良いというアドバイスも受け、この1DKでは対応ができないと感じ始めました。

また自宅は両方の実家からも距離があり産後のフォローも難しい環境にありました。

そして妊娠7ヶ月、今が一番動きやすい時期と考え、都内を出て主人の実家の近くに3LDKの賃貸を借り引越しをすることに決めました。

結論、本当に引越しをして良かったです。

赤ちゃん用品はかなり幅を取ります。ベビーカーにハイローチェア、ベビー布団に衣類やその他グッズ。

また寝室を夫婦別にできたことも良かったです。

赤ちゃんの夜泣きで主人が起きてしまったら次の日の仕事に支障が出るかもしれないし、それに同じ寝室で主人が起きてくれなくてもイラッとしますよね(笑)

実際に産後夜泣き対応をしてみると、寝室を夫婦別にして良かったと感じています。

産院を転院することに

引越し距離があったので、もちろん転院も伴います。

引越し前に転院を受け入れてくれる産院の候補をいくつか探し、それぞれの口コミを見て通いたい産院を探しました。

しかしすでに妊娠7ヶ月のため、産院に空きがなくなかなか受け入れ先が見つかりませんでした

最終的に決まったのは2駅先の産院。

妊娠7ヶ月でしたがベッドに空きがあり転院を受け入れていただけえることになりました。

当初通っていた産院に転院することを告げ紹介状を書いてもらい、何とか転院することができました。

もし妊娠中の転院を考えている場合は早めに次の産院を探しておくことを強くおすすめします。

まとめ

妊娠中期はお腹もそれほど大きくなく比較的動きやすい時期です。

この時期に切迫流産の症状がよくなり自宅安静が解除になったのは、お腹の中の赤ちゃんが親孝行してくれたのだと感じました(笑)

引越しを考えている方はやはり産前がおすすめです。産後は自身の体調が安定するまで時間がかかりますし、育児でドタバタの中引越し準備はとても大変だと思います。

次に読むのに最適な記事が表示されています

妊娠中、一番気掛かりなのは自分の体重増加ですよね。私は最終的にプラス9.5kgに抑えました。この記事では私の全妊娠期間の体重や赤ちゃんの重さの推移を公開します。[adcode]妊娠後期はウォーキングが日課に妊[…]