チャイルドコーチングで子育ての基礎がわかる!5つのスキルとは

みなさんチャイルドコーチングという言葉を耳にしたことはありますか?

あまり聞いたことのない言葉だけど…子育てに役立ちそうな感じがするわね。
  • 子育てに自信がない
  • 育児の悩みが尽きない
  • こどもの能力を引き出したい

チャイルドコーチングはそんな方におすすめの誰でも簡単にできるコーチングスキルです。

この記事でわかること
  1. チャイルドコーチングとは何か
  2. チャイルドコーチングの基礎となるスキル
私は毒親育ちで子育てに自信がなく、チャイルドコーチングアドバイザーの資格を取得し子育てのスキルを学びました。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

毒親育ちのみなさんこう感じたことはありませんか?毒親育ちの自分は立派な親になれる?誰から子育てを学べばいいの?私たちは本来親から学ぶべきものを、学べずに育ってきました。そして自分が親になった時こう思うのです。[…]

チャイルドコーチングとはこどもの能力を引き出すこと

チャイルドコーチングとは、こどもが持つ能力を引き出すスキルのことです。

こどもの可能性を無限大に引き出すことができたら、それはまさに理想の親ですよね。

チャイルドコーチングではそのスキル(技術)を学びます。チャイルドコーチングでは

  1. こども自身のよくなりたいという願望を知り
  2. 必要なサポートをする

この2つが大きな柱となります。

能力を引き出すというと小難しい感じがしますが、言い換えるとこどものやる気を引き出すことです。そうしてこどもの

  • 自立心
  • 自発心
  • 問題解決能力

を養っていきます。

親の役割を知る

まずは親の役割とは何かを知る必要があります。具体的には、

  • 親の自立、こどもの自立
  • 子育てのゴール
  • 保護と支配の違い
  • こどもの成長を妨げるものは何か
  • 子育てのものさし

という親としての心構えを理解します。

コーチングとティーチングの違い

教育の場で頻出のワードですが、超簡単に説明すると「答えを考えさせるか与えるか」この違いです。

チャイルドコーチングはこどもの目標や夢を実現するサポートをします。

チャイルドコーチングと聞くと対する相手がこどもだけと考えてしまいますが、実は部下の育成にも使えるスキルです。

基礎となる子育てスキル5つ

チャイルドコーチングには様々なスキルや技法がありますが、基礎となるスキルは5つです。

  1. 承認する
  2. 聴く
  3. 観る
  4. 褒める
  5. 叱る

それぞれのスキルにはコツやポイントが存在します。

普段何気なくしている行為もコツやポイントを知り、今よりもっと子育てが上手になれたらとても嬉しいですよね。

全てはこどもの幸せのために

私は幼い頃から心理的虐待を受けて育ちました。いわゆる毒親育ちです。そのため幸福感や自己肯定感が希薄なまま大人になり時折生きづらさを感じています。

自分のこどもには絶対に同じような思いをさせまいと考え、子育てについて学ぼうと決心しました。

親は自分がしていることの延長線上に、こどもの成長や幸せがあるのか考える必要があります。

チャイルドコーチングはこどもの豊かな未来のために、親としてこどもの能力を引き出すことを応援します。